hoomeは、さまざまな方々にご協力いただいて完成したコミュニティラウンジです。

インテリア・エクステリアともにかなりのこだわりとウンチクが詰め込まれています。

以前、「商店建築」誌に掲載された特殊塗装もその一つ。

少しづつですが、皆様にも【hoomeのウンチク】シリーズとしてご紹介していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記念すべき第一回目はhoome入口右側に位置します、hoomeの小さな庭。

ホームページのトップ画像でも用いられている、

小さな白い家が佇んでいます。

こちらの庭はテーマがあり、入口側が「現在」、その反対側が「過去」を現しています。

「過去」側を見てみますと・・・

何やら切り株のようなものが。

 

こちらは「珪化木(けいかぼく)」という、植物の化石。

hoomeの庭にいる珪化木は、約2億5000万年前~1億9900万年前の三畳紀から時を経たナンヨウスギです。

それより先には、原始を感じさせるようなシダ植物の群れも!

入口側にいくにつれて、丸くかわいらしい葉っぱが増えていきます。

オープンのころに比べて、かなり植物たちも生い茂ってきました!

このような素敵な庭をつくってくださったのは、南青山に居を構える「丸美花園」さん。

コンサート会場の会場演出なども手掛けられる、老舗のお店です。

hoomeにお越しの際は、ぜひこちらの小さな庭もチェックしてくださいね。